ハピネスログ

小さな幸せ探し「ハピネスログ」手帳術テンプレート

投稿日:2019-04-17 更新日:

平凡で当たり前だと思っている暮らしの中には、小さな幸せがたくさん散りばめられています。

30日間この幸せ探しを続けると、ささやかな喜びを感じられるハッピー体質に♡

幸せの正体と、小さな幸せを集める「ハピネスログ」の書き方をご紹介いたしますね。

「30日チャレンジ!ハピネスログ」手帳術テンプレート

無料でテンプレートを配布しております。印刷して手帳に貼って書き込むだけ!

ご自由にダウンロードして使ってください 😉

PDFデータはこちらよりダウンロードお願いいたします。(A4用紙で印刷→A5テンプレート2枚分)

毎日小さな幸せを1つ探して綴っていきます。一言メモする感じで簡潔でOK。いくつか思い付く場合は、ワードだけ箇条書きしてもいいですね。

見つけ方のコツやヒントは、スクロールして続きをご覧下さい👇

本当の「幸せ」とは?

お金があれば幸せか?答えは「NO!」。

お金は幸せを得るための手段であり目標ではないから。

お金がもたらしてくれる「幸せな体験」に本当の価値があるのです。

海外の研究データによると、現代の生活は50年前よりずっと豊かになっているにも関わらず、人々の幸せ度は以前とまるで変わらないかむしろ低下しているという結果が出ているそう。

経済的に豊かになってもなぜ幸せを感じられないのか?

「当たり前の日常は奇跡で溢れている」ことを忘れてしまっているから!

本当の幸せとは、今あるものに感謝の気持ちを持つこと。

・自分の足で歩ける
・両手が自由に使える
・お風呂に入れる
・帰って寝る場所がある
・1日3食ご飯が食べれる
・テレビが見れる ...

こんな平凡な日常だって、ささやかな幸せが詰まっています。

当たり前すぎて考えもしませんが、失って初めてその大切さに気付くものです。

スポンサーリンク

小さな幸せを探すヒント

小さな幸せ探しは、慣れないうちは難しいかもしれません。本や映画をヒントにして、小さな幸せを探してみましょう。

「フランス人は10着しか服を持たない」

ミニマリストのブームで話題になった本。アメリカ人女性がパリへ留学して学んだことが綴られています。

ファッションに限らず、丁寧な暮らしを楽しむコツが満載!「小さな幸せ探し」を考えるきっかけにもなる本なので、ぜひご覧になってみてくださいね。

ココがおすすめ

■幸せとは欲しい物を手に入れることではなく、持っている物で満足すること
■ささやかな喜びを見つける、日常の繰り返しの中で探してみること
■大事なのは「何をするか」ではなくて、「どのようにするか」だ

「アメリ」

もう1つのヒントは、フランス映画からです。ちょっと風変わりな作品なのですが、独特の世界観がユニークでキュート。

主人公の日常のささやかな喜びや、人との繋がりにほっこり心が温まる映画です。違った視点から日常を眺めてみたくなりますよ。

ココがおすすめ

主人公アメリの想像力が物凄い(笑) 当たり前の日常も、考え方次第でまったく違ったものになる。

30日で幸せ体質になる!

「小さな幸せ探し」は、手帳の余白に記入してもOKですが、最初に配布したテンプレートのように一覧になっているものがオススメです。

専用の項目を作っておけば、見返した際に一覧で見渡せてワクワク感が高まりますよ!

30日間「小さな幸せ探し」の習慣をコツコツ続けると、心に変化が現れてきます。

「当たり前」だと思っていた日常が、まったく違った景色に見えるかもしれませんよ 😉

 

-ハピネスログ
-,

Copyright© SPR!NG , 2019 All Rights Reserved.